北海道あるある

どうもこんちには

 

先日は北海道の広さについてお話しましたが

本日は北海道あるあるをご紹介したいと思います

 

①北海道の人は本州を”内地”と呼びます(笑)

ちなみに沖縄の人も呼ぶらしいです

 

②ごみは投げる!

本州では捨てるですが、北海道では投げるというので本州の人には「??」と顔をされます(笑)

そして、ゴミ捨て場を”ごみステーション”と呼びます

 

③距離感が違う

先日も触れましたが距離感が全然違います

道外の方は道民の距離感に気を付けてくださいね(笑)

 

④送料無料♪ → 違うじぇねーか!!

ただし北海道と離島は除くってよくある!期待させて落とされるとはこれを言う(笑)

 

⑤カップ焼きそばといえば…やきそば弁当!

道民がカップ焼きそばといえば100% 焼きそば弁当を答えるくらい浸透していますね(笑)

 

⑥JR列車と鹿が衝突して遅延

ごくたまに鹿とJRがぶつかって遅延なんてことがある。

遅延の理由を言うと信じてもらえないそうな(笑)

 

⑦時計台の期待外れ感

雑誌で時計台を紹介されているが、駅前のビルの横にあって期待外れ感が半端ない(笑)

 

⑧冬に半袖、半ズボンでアイスを食べる

本州とは違い、暖房環境が整っているため冬でも半袖、半ズボンでいられる。そんな中、アイスを食べるのが至高の時間♪(笑)

 

 

いかかでしたでしょうか?

他にもたくさんの北海道あるあるがあります(笑)

 

ではまた

 

未分類

Posted by narita


PAGE TOP